モチニキ

主に自分のために記録しておきたいものごと

アクセス

久しぶりに書いたので、ブログのアクセスを見てみたのですが、ダントツにアクセスが多い記事は「耳痛い日記3日目」。しかも、アクセス数の割合の大多数はこれが締めている。なぜ…。ニュースバリューとしては「重度の外耳炎は入院する可能性がある」ぐらいしかないのに。

 

mocchi-nikki.hatenablog.com

 

次に多いのが、「PerfumeFES!! 2017 × レキシ 20170907」。これが2割ぐらい。これもなぜ…星野源の方じゃないの…。

星野源のライブレポを書く人は多いけど、レキシのライブはあまり情報がないのと(映像化できない)、最近の人気があがりっぷりが著しいので、その影響?

ライブはメモ取りながら聞いてる暇もないし、メモを取りながら聞くのももったいないので、ライブレポが自体多くはない印象。自分のこの記事もメモはとっておらず、薄まった記憶で書いているし。

しかし、今度横浜アリーナでやるんですよ。レキシ。びっくりよ。行くけど。

mocchi-nikki.hatenablog.com

 

で、その次に多いのがこれ。これが一番の検索に引っかかりそうなものだけど、実際にはアクセス割合だけで言えば、上記のレキシの半分ぐらい。

mocchi-nikki.hatenablog.com

 

で、この3記事がアクセス9割以上を締めてるっぽい。全体比率が出ないので厳密ではないけれど。

以上の事実からわかることしては、自分はマーケティングスキルはなさそうな気がする。

 

おわり

ライジングサンロックフェス2018 荷物使用結果

持ち物リスト結果。

いくつかは今回の結果を踏まえて、絶対に持ってた方がいいものを追加。

使った使わないをその都度メモしてたので、元のリストから順番は崩れた。大雨から学ぶことは結構あった。

 

チケット◯ お金◯ 財布用ジップロック
→絶対に忘れてはいけない。早割等で先に入手して並ばないようにしたい。

フェス用にビニールの財布を使ってたけど、防水機能があるわけではないので、大雨でお札が全体的にジメジメしてしまった。端的にジップロックの方が良さそう。

今回の結果をふまえて、今後アウトドアイベント用の財布は全てジップロックで済ませることにして、普段使い以外の財布は順次他のものに転用するか処分することにした。

防水については、お財布だけではなく全ての持ち物に対策した方が良かった。スーパーのビニールに分けて入れとこ…ぐらいの対応では雨でじっとり濡れるわけではないものの、強めのしけしけ感となって後々いろいろ困った(後述)

 

ヘリノックス的な椅子◯

→いる。持ち歩こうと思えば持ち歩ける大きさだと汎用性が高い。持ち歩かなくていいならば、そこまで小さくなくても良い。テントの有無とか位置にもよる。

個人的にはキャンプ椅子にこだわりがなくいため、本物ではなくヘリノックス的なものを使用。(半額以下)初めの組み立ては硬くて自分でできなかったので、買ってから家で組み立てて、座って座面を伸ばしておいた方が良い。

椅子については、雨対策に椅子がすっぽり入れられるゴミ袋も必要。上からガバッと被せておけば急な雨でも濡れない

 

グラミチ チノハーフパンツ×

→今回使えず。カバンの中で湿ってしまう。チノ、全然乾かない。パタゴニアの水陸両用のパンツ履いてる男子をよく見る理由を理解した。

ただ、問題は乾きにくいという点ぐらいなので、晴れの保証があれば動きやすいグラミチはおすすめ。

 

コロンビアのハーフパンツ(速乾性あり)◯

→上記の理由による。あと、チノより軽くてコンパクト。中のランタイの替えは無事だったので、結果的に2日間同じものを履いてた。酷く汚れさえしなければ、2日ぐらいなら同じのでも良いかも。

 

小さい敷物◯

→小さいけどペラペラではないもの。100均で以前に何かのために購入。

濡れて地面に荷物置いたりちょっと座ったりできた。Taira crewは木に敷物と立てかけてL字型しいて使ったので、快適に聴けた。

 

サンダル◯
→必要。濡れても拭けばすぐ履けるもの。テント周りでいちいちトレッキングシューズや長靴は履かないし、スニーカーは濡れる。

今回はビルケンを入っていったけど、ビルケンはソールが濡れるアウト。乾かない。(さらに帰りに配送にしたらソールがカビた)機能的にはクロックスが良さそうなんだけど、デザインがあんまり好きじゃない…。

ビルケンのevaのボストンとかいいかもしれない。

 

トレッキングシューズ△

→防水であっても大雨の田んぼ中では無力。晴れなら履きたい。荷物を減らしたければ省略できる。シューズ類をミニマムにするなら、クロックス的なものを履いて行き、野鳥の会持参で間に合うかも。最悪、クロックスだけでもなんとかなるっちゃなるのだろうけど、足が濡れると体力が奪われるので自分ではやりたくない。

クロックス+野鳥の会持参+スニーカー履いていくぐらいがいいかも。


野鳥の会(折りたたみ)長靴◯ 長靴用中敷き◯

→1日目に大雨でビルケンとトレッキングシューズが死んだので、2日目〜帰宅までは長靴。持って行って良かった。

長靴があれば全天候乗り切れる。ただし、2日間歩きまわるにはソールが薄くて疲れる。晴れてるとか荷物に余裕があるならトレッキングシューズかスニーカーがあった方がいい。

機能性インソールを足したら良いのではないかと思い、家に帰ってからNBのインソール(機能的なものの中ではかなり安い)を購入。まだ試してない。

 

水2L◯

→キャンプ張るならいる。キャンプのコーヒーはおいしい

 

新聞紙◯

→いる。大きめのジップバックに入れるなど、防水が必要。

今回は、わざわざ買って持ってったのに、防水対策が甘く、強めのしけしけ状態になり使えず。あったら濡れた靴の水分取るために重宝したのに。

 

カセットガス◯ バーナー◯小鍋◯ チャッカマン◯ コーヒー◯テーブル◯

→いる。キャンプで飲むコーヒー美味しい。寒さ対策に必要。温かい飲み物は調達しにくい。

イワタニのカセットガス用の小さいバーナーをコールマンの小鍋に入れて持参。カセットガス用にした理由は、ガス類が飛行機には持ち込めないので、現地で調達しやすそうなカセットガス用をチョイス。

残ったガスはキャンプを続ける友達に使ってもらった。着火はライターよりチャッカマンの方が楽。

個人的には野外フェスにはよほど暑いことが分かってる時以外は必ず温かい飲み物を持参。冷たいものが飲みたいは、だいたいお金で解決できるけど、温かいもの飲みたいは、お金で解決できない場合がある。

テーブルは必須としたけど、今回は実際にはお友達のを利用。

 

流せるティッシュ

→現地会場内トイレはほぼ紙切れはなし。ただ、いつ何があるかわからないので、あった方が無難。

 

持ち歩きバッグ◯

→必要。ポンチョ、水筒、敷物持参が避けられない物がいくつかあるので。本当は手ぶらで歩きたい。大雨で浸水はしなかったものの、ポンチョを持ち歩いてない時間帯に降った雨で中身が全体的にしけた。防水バッグか内容物をジップロックで小分けしておいた方が良い。

 

ハット◯

→野外は必須。防水なので軽い雨ならハットのみで過ごす。

 

稲穂◯

→レキシを見に行くなら必須。今回気がついたのは、雨にめちゃくちゃ弱いこと。雨フェスならビニールから出さない方が良い。

物販が長蛇の列になりがちで、時間を食ってしまうので、先に入手しておく。

 

化粧品類◯

→日焼け止めは必須。現地では眉毛だけ書いとけばいい気もする。

 

洗面用具◯

→オフィシャルツアーに乗ってでもお風呂に行った方がいい。ボディタオルがあるとなおよし。ドライヤーがめちゃくちゃ混んでて使えない可能性はあり。

 

コンタクト◯ メガネ◯

→雨だとメガネは割と困るので、コンタクトで良かった。とはいえ予備のメガネは必要。

 

モバイルバッテリー◯

→5回ぐらいフル充電できるバッテリー+携帯を充電できるLEDランタン持参。

バッテリーのみで間に合った。空き時間にSNS見がちなので、バッテリーは結構消耗する。

 

ボールペン◯ 

→会場ではほぼ使わない。が、旅行の途中で何かと使った。

 

着替え◯ 

→いる。防水対策が甘くて、ここでも強めのしけしけ感に襲われ何枚か使えなかった。次回以降はジップロックの大きい袋にいれて防水対応して持参する。
Tシャツは1日2枚着る計算で。現地でTシャツ買うなら、持参分は少なめに。

寝るときはリラコに履き替え。楽。防寒着とは別に涼しいかと思って軽い長袖を着て行ったけど、今年は不要だった。軽い長袖ポジションで持って行くものはパッカブルジャケットで足りる。 

 

防寒着(ユニクロのダウン◯、暖パン△、冬用靴下△、貼るカイロ◯、靴下用カイロ◯)

寒い年もあるらしく、必ず持ってくる必要があるものの、今年は使わず。寝るときが寒いと聞いていたけど、持っているシュラフが3シーズン用なので、軽装で寝ててもシュラフに入っていれば問題なかった。ギリギリ寒さに耐えられるという状況でもなく、もっと寒くなっても大丈夫そう。

なので、暖パンと冬用靴下は一旦防寒ラインナップからは外し、ダウン+レッグウォーマー+カイロとして、活動時の防寒に特化する。

 

シュラフ

→テント泊なら絶対必要。モンベルの3シーズン用。以前から持ってるモンベルのダウンハガー、買った時は高かったけど、コンパクトで暖かいのでとても良い。

ライジングではシュラフはレンタルもできる。

 

ヘッドホン△

→現地では使わない。移動中に使った。なくてもなんとかなる。

 

タオル(普通のタオル×1、捨ててもいいタオル×2)◯

→普通のタオルは洗顔用。捨ててもいいタオルは、心置きなくどこでも拭けるので必要。特に雨の日は大活躍。最後にテントのシートを掃除する。

 

サングラス△

→個人的にはなくても困らない。必要な人には必要。

 

冷えピタ◯ 扇子◯

→今回は使わなかったものの、暑ければいるので、荷物としては持っていく必要あり。その後に行った猛暑のサマソニでは使った。

 

虫除け◯

→いる。服に貼るやつを使用。人一倍虫に刺されるタイプなのだけど、今回珍しく何も刺されなかった。

 

ゴミ袋◯

→すごいいる。本来のゴミ袋としての役割よりも、雨よけとして必要。椅子、荷物がすっぽり入る大きいものを持参する。90Lとか。小さいもの(20Lぐらい?)は会場で配っている。

テント設営の時に雨が降ってると、これがないと全て荷物がやられる。小雨ならポンチョ被せておく。でなんとかなるが、大雨だともうダメ。

 

塩分◯ アミノ酸カロリーメイト×ナッツ◯

→塩分、アミノ酸はいる。疲れたときに摂取すると美味しい。

飲食店激混みだったら困るので、最低限の食料を持って行ったけど、店もたくさんあるし、なんなら野菜もたくさん食べれるので、カロリーメイトはいらなかった。ナッツはおつまみになった。梅干し、ナッツぐらいがあればいいかも。

 

ポンチョ ◯レインパンツ ×

→ポンチョ類は必須。フェス向けっぽいおされポンチョを使っているが、大雨だとじめる。きちんとしたレインジャケットの方がストレスが少ないかも。長いポンチョ+野鳥の会の長靴なら、レインパンツは不要。

レインウエアは、最近ワークマンが気になっている。

 

ドリンクフォルダー◯

→ペットボトルを引っ掛けるタイプの。会場が広いので水分補給しながら歩くのでいる。

 

フードタオル◯

→大きめバスタオルサイズにフードがついたタイプ。アーティストグッズとして持って行ったものの、普通のタオルとしての役割の方が多かった。寝る時に枕にしたり。日除けにもなるし、何かと便利。

 

ボディ用ウェットティッシュ(夏用のスーッとするギャッツビーとかの)◯

→小汗をかくので、こまめに拭き取ると気分が良い。初めて使ってみて良かったのでう、普段から家においておく事にした。

 

ネックライト◯ LEDランタン◯

→夜真っ暗になるのでいる。ネックライトがあればなんとかなる。LEDランタンは、携帯用バッテリーの補助の役割も。あった方がテントの中が明るくて良い。

 

鍵◯ 洗濯バサミ◯ カラビナ◯ 

→テント用の鍵。結局使わなかったものの、テントに施錠したい等の状況によってはいる。洗濯バサミはクリップとしての役割でちょこちょこ使った。なくても良さそうだけど、荷物にならないので、2、3個もってても良い。カラビナも同様。

 

折りたたみボストン◯

→今回のもっとも持って行って良かったもの。荷物が増えた時に用に持って行ったつもりが、想定外でメインのカバンが濡れて湿ってる上に、荷物全体が濡れた事によりかなり重くなってしまう、バッグが持てない(持つとこっちが濡れる)等で、会場からの荷物の運び出しが危ぶまれたものの、ほとんどの荷物をこちらに写し、帰りは配送。濡れがきつい荷物を手で持って帰った。メインのバッグを濡らしてはいけない。

 

テント◯ マット◯

→テント泊に絶対必要。今回は車で参加するお友達から借りた

現地でも借りられる。

 

早期購入でもらったポーチ◯ バッジ◯

→イベントを盛り上げる小物として。バッジはうっかり結構買ってしまった…。

 

だいたいこんな感じ。

野外フェス持ち物リスト(自分用)

初めてキャンプでフェスに参加するので、持ち物リストを作ってみた。

フェスもキャンプもそれぞれ何度かいったことあるのだけど、フェスでテントを張ったことがない。(宿に帰るタイプ)

こういうリストも作って翌年以降はなくしてしまうパターンが多いので、ここに書いとけばその後も見るのではないかという期待。後日振り返る予定。

 

チケット

お金(サイフ)
トレッキングシューズ
長靴
サンダル
ハット
着替え(パッキング)
タオル(パッキング)
シュラフ
マット(借りる)
テント(借りる)
ドリンクホルダー
持ち歩きバッグ
水筒
ポンチョ
レインパンツ
防寒着

チェア
テーブル
バーナー
お風呂セット
稲穂
リストバンド
塩分
アミノ酸
日焼け止め
冷えピタ
コンタクト
サングラス
モバイルバッテリー
虫除け
ウェットティッシュ
キャリーカート
ゴミ袋

 

現地で調達
ガス
冷凍枝豆

途絶えてた。

海外生活日記の途中で途絶えていたブログ。もう思い出して書く気もないので、打ち止め。

けれども、この時の短い海外生活はとても良くて、当時、めちゃくちゃメンタルがやられていたのだけど、この時に治った。

おそらく、自分の仕事だけに集中できたこと、もう一つ、ホテル暮らしをしたことが原因だと思う。

物が少ない部屋で毎日ベッドリネンを変えてもらえてクリーニングにも入ってもらえるのがとても良かった。

あと、出張だったので、収入は普通どおりあるし、なんなら出張手当が出てたし、旅行とはちがって、慣れない街で1人だとさほどお金も使わないので、そういうところも大きかった。

で、終わってみて東京に置いてきたもの全部捨てても全然大丈夫じゃん。なんなら帰ったら全部捨てちゃえばいいか…?ぐらいに思ったけど、意外とそうは簡単にいかない。

多少は整理したけど、根本的に物が減るまではいかず。

あれ以降、いざとなったらいつでも1週間ぐらいホテル暮らしして、メンタルやられたときの緊急避難にいいかもねと思ってる。

まだ、その時は来てないけど。いや、来なくていいけど。

 

非日常日記7

休暇。

会社の人から家族で行っている教会に行きませんかと誘われたので行ってみる。

長期出張すると割とフランク誘われるという話は聞いていたので、特に驚かず。

 

一応、英語の同時通訳があると聞いてたのだけど、なんと会社の人の奥さんが日本留学中に知り合ったとかで、日本語が上手。

同時通訳ならず、同時通訳タイピングで通訳してもらった。たまに日本語を教えてるらしいけど、基本的には主婦…3カ国(英語も)ができる主婦…なんか、すごい世界に来たぞ…。

で、礼拝は教会に人が入りきらないとかで、高校の講堂で。

 礼拝に行く前に、こっちでは、最近うつ病が増えてて、精神科に行きたくない人も多くて、そういう人が医者から教会に通ったらどうか勧められたりして来るようになることも多いという話を聞く。教会で治ることも多いとか。どうも、心療内科みたいな役割も果たしてるかんじ。精神科か教会かみたいな話をしてたので、心療内科はメジャーではないっぽい。

 

で、始めに生バンドでの賛美歌から始まるんだけど、その様が完全にフェスだった。

生バンドで、アコギのおっさんが歌い上げて、その横にコーラス6名。講堂に集まった何百人(講堂、アリーナ席がびっちりで、2階席までほぼ満員)が一緒に歌い出し、見れば見るほど屋内フェス。ここで、Don't Look Back In Angerかかっても驚かない。毎週これやってるなら、毎週フェスに通ってるのと同じじゃないの…と、みんなが盛り上がってるのを聞きながら、ぼんやり考える。

 

去年仕事が忙しすぎてたときに、ストレス発散と称してライブだのフェスだのにあちこちアホみたいに行ってたことを思い出し、こんな感じだったなと。もう、これが宗教ならフェスだって宗教みたいなもんだなと。フェス超楽しいよ〜とか。フェス教ですわ…と思いながら賛美歌を聞いてた(真面目にやれ)。

 

そのあとは普通に聖書のお話とか。

でも、みんな一生懸命歌って、お祈りして、話を聞いて、毎週のよう日曜こうやってるんだから、めちゃくちゃ真面目な人達なんだなと。そういう勤勉さが羨ましいなと思う気持があるな。

 

そのあと、信者さんたちでグループ分けされてるらしくて、同じグループの方達にもあって少し世間話に混ぜてもらって帰ってきた。いい人達だった。

 

昔、友人同士が付き合ってて、彼氏の方が、彼女がいい人なのは、某宗教の信者だからなのか、いい人だけど某宗教の信者なのか悩む。というのを相談されたことがあった。今でもことあるごとに思い出すし、今でも答えは分からない。

 

おわり

 

非日常日記6

こっちに来てからpapagoという翻訳appを使い始めた。かなり使える。

ランチ食べながら、同僚達とそのappが便利という話をしていたら、将来自動翻訳だけで仕事ができるようになると思います?と聞かれる。相手は3ヶ国語ができて、こちらは英語すら怪しい身である。なぜ私に…。

でも、確かに自動翻訳がで始めた頃より精度は上がってるし、書類の内容の概略を掴むぐらいならかなりできる。そうなると、相対的に語学力の優位性は昔ほどでは無くなるのかもしれないなと。

で、語学の必要性がなくなるとは思えないですが、外国語で"何が"できるかの、"何が"の部分が今より重視されるようになるではと答えた。そりゃそうだろう。誰でも言えるだろうみたいな回答をしてしまった。2点。

 

基本的にこっちで会う日本語ができる人というのは、3ヶ国語できるパターンが多い。第2外国語の日本語がビジネスレベルという人達。英語よりも日本語の方が得意という人も多いけど。語学が今ひとつ苦手なので、日々、腰が引けている…。

しかも、せっかく来たので…と取引がある会社の実務担当者を訪問しようとするも、なんだか頭がえらい良さそうな上の人達が次々と出てくる。いや、もうそれは上司が来た時まで取っておいて貰えばいいので、ええ…ええ…え?会食?お気遣いなく。え?何話せばいいんですか?みたいな状態。さらに引けるところまで引かれる腰。

会食での会話、feeはかからないからといって色んな事を聞いてしまえというようなガツガツ感を出さずに、しかも、アホっぽい話とならないように…というと、もう何の話をしていいやらわからん。

で、わからないまま何度か会食をした結果、どうもオススメの観光地を聞くというのが無難な会話っぽい。当初は、いや、遊びに来ている訳ではないし…と思ったりもしたのだけど、こっちのお国柄なのか、海外での会食ってそういうものなのか、日本のオススメ観光地とかオススメ温泉とかを結構聞かれたので、それはもうそういうものだと理解した。どこの国でも通用する話しかどうかはわからん。

                                おわり

 

非日常日記5

泊まりがけの出張がそんなにない仕事なので、いままでは仕事で泊まるホテルには指定された場所にすんなり泊まってた。

 

で、今回も同じようにしたつもりが、そうもいかなかった。

当初指定されたホテルは、会社の最寄なのはよかったのだけど、初日から乾燥がひどくて、朝起きたら脛が金タワシでこすったみたいにかさぶたができていたので(乾燥で痒くて掻いたのだろうか…覚えてない)、これはまずいということで、ホテルを変えてもらった。

前に泊まったことのあるホテルだったのだけど、前は夏だった上に、一つ上のグレードの部屋だったので、まさかこんなに環境が違うとは…。

 

で、移動した先が正解で移動して良かった…。2、3日なら何も言わないところだけれど、今回は長丁場なので。

結果、言って良かった。部屋も広くなり、乾燥は和らぎ、加湿器も借りられて、ご飯が前よりは美味しい。

 

こちらでの生活、東京よりは忙しくなかろうと思って来たけれど、さすがに観光とは勝手が違うもので、週末になるとわりと普通の勤務と同じように疲れていた。

そうそう、わたし、観光じゃないんですよー。と、肝に銘じた。

 

また来週もがんばりましょー。