モチニキ

主に自分がメモしておきたい出来事

耳痛い日記 8日目

実は、もう耳は痛くないので、看板に偽りが出てきた8日目。

土曜日のため病院激混み。受付開始1分で40人待ち。混みすぎではないか。

でも、この病院、先生の対応がテキパキしてて、耳も順調に治りつつあるので、たぶん評判が良いのだろう。

 

で、しばらく待って診察。順調に腫れは引いているものの、外耳道の腫れは完全に引いておらず、鼓膜にも炎症が起きてるようだとのこと。たしかに、痛さと圧迫感はほぼ改善されたのだけど、違和感はまだ残る。日中、水中、それは苦しい。というタイトルが1日あたり数回よぎる感じの違和感。何が言いたいかというと、水は溜まってないはずなのに耳の中がゴポゴポいってきもちわるい。

今日の診察中にも、いやー初めはどうなることかと思ったー!とまた言われたので、はじめはよほど酷かったらしい。すごく痛かったし、ほぼ聞こえなかったしな…むしろ、数日でここまで引いた方が凄い…。

ということで、重症の外耳炎から普通の外耳炎に移行した模様。

 

先生が言うには、普通の外耳炎になるまでは、絶対耳掃除しすぎないことを注意するものの、そこから先、細菌に感染して重症化するか否かはもう運らしい。何に気をつけろ的なアドバイスは特にないらしい。

状況は理解したつもりだけと、若干不思議なのが、なぜ両耳同時にかかったかという点。先生も両耳は繋がってないので、必然ではないといい、両耳にたまたま感染源入れたんじゃない?という。

痛む直前にやった耳掃除といえば、綿棒でお風呂上りに水をとったぐらい。わたしは綿棒は両耳同じ側を入れたりしないので、両耳を同時に痛めたのは若干は不思議に思っている。免疫力はすごく下がってるとはおもうけど。

 

お腹下しはまだこの時点では治らず。

音はかなり聞こえるようになり、対面の話し声なら問題なし。まわり話す雑音にはやや難あり。ただし、テレビの音は耳に響くのでまだ苦手。先生に確認したところ、機能的には問題ないはずなので、感覚的な問題ではないかとのこと、

 

夜はだいぶ前からチケットを取っていたコンテンポラリーダンスの公演を見に。音楽のライブならパスしたのだけど、ダンスだから行けるのではないかと判断。

本番は大きな音のBGMもほとんどなく、1時間足らずで終了したので、問題なかった。

 

一緒に行った人も内耳だか中耳の病気になったことがあるらしく、そっちはめまいが酷いという話。外耳はもちろんめまいは関係ない。物が咀嚼できないのは一緒らしい。

 

(今日の薬)

・オゼックス150mg

レバミピド100mg

・アドソルビン原末

・エンテロノンーR

・タリビッド耳科用液0.3%

・リンデロン0.1%

(9日目に続く)